鼻の毛穴の黒ずみや開きを改善!

MENU

メイクでも隠せない鼻の毛穴の黒ずみや開きにウンザリ

困った

私は中学生くらいのころから、人よりも脂性だったこともあって、結構鼻の毛穴の開きが気になっていました。

 

今となって考えてみれば、それほど気にするようなものでもなかったのかもしれませんが、周りの子はそれほど毛穴が目立つようなことはなかったのに、私はトイレの鏡で見ても明らかに鼻の頭にツヤが無くてブツブツしているのが分かるほどでした。

 

それに比べて仲の良い友達の鼻はツルツルしていて汚れが目立つことも無く、自然なツヤのある綺麗な状態でした。

 

やっぱり自分の鼻が気になってしまって、家にいるときにはしょっちゅう手鏡で眺めては、どアップで移る自分の汚い鼻にウンザリしてしまい、黒ずんだ部分や角栓が見える部分を必死になって押し出していました。


無理に汚れを取り除いても毛穴は綺麗にならない

ダメ

そんなこともあってか、大人になった今でも相変わらずの肌状態で、メイクをしても塗り立ての時はまだ目立たな程度にはなるのですが、ちょっと暑い時なんかは午前中にはメイクの上からブツブツが見えてしまうような状態でした。

 

相変わらず鏡で毛穴の汚れを確認しては、無理やり絞り出してしまいたい衝動に駆られるものの、これ以上は悪化させたくないという思いから、力づくで角栓を取り出すようなことはしなくなりました。

 

でも、ネットで見たオロナインを使った鼻パックの動画がすごく気持ちよさそうに角栓が取れるので、これだ!と思って使うようになりました。

 

最初の頃はなかなかうまくいかなかったけど、慣れてくると面白いように角栓が取れるようになりました。

 

これなら綺麗になると確信していたのに、毎週欠かさずやっても一向に黒ずみなどが目立たなくなるようなことはありませんでした。

 

それどころか、なぜか逆に目立ってきたような感じすらしていました。

 

きっと、しっかりとパックを貼り付け過ぎたために、剥がすときに逆に肌に負担をかけてしまっていたのだと思います。

 

実際にパックの後にちょっとヒリヒリとした感覚になることもありました。

 

根本的な原因を知らずに、なんとなく汚れを取り除ければいいやと、その場限りの対応をしていたことに本当に後悔しています。


毛穴の黒ずみや開きの原因を取り除くことが大切

大事

間違っても明日までに何とかしたい!とか考えて適当にケアをして短期的にごまかして、来年にはよりひどい状態になってしまうような本末転倒なことが無いようにしてほしいと思います。

 

毛穴の汚れを綺麗にするためには、私と同じようにただ単純に汚れを引っこ抜けばいいと思っている方は結構多いと思うのですが、それこそが間違ったケアの始まりなのです。

 

よく考えてみれば当たり前のことですが、汚れが詰まってしまう根本的な原因を取り除かない限りは解決しないのです。

 

根本的な原因を解決しなければ、いくら詰まった汚れを取り除いても、空いた空間にまた新たな汚れや角栓が詰まるだけですよね。

 

私の場合は一生懸命スキンケアをしているつもりだったけど、ただ汚れを取り除くだけだったんので、新たな汚れが発生するまでの延命措置に過ぎず、結局何も解決しなかったのです。

 

今すぐ綺麗になりたいという気持ちが強すぎて、根本的なところには全く目が向いていませんでした。

 

私と同じような思いをしないように、今、自分の鼻の毛穴が汚いと悩んでいる方は、無理や取ったり、下手に強力なパックなどを使わずに、まずはどうして汚れが詰まってしまうのか、という原因の部分をしっかりと理解した上で、正しいケア方法を実施することが大切です。

 

毛穴の黒ずみや開きの主な原因は、肌の乾燥などによって皮脂が過剰になったり、ターンオーバーの遅れによって角質が厚くなってしまうことが問題です。

 

そのため、基本的には保湿をしっかりとすることが大切です。

 

 ⇒毛穴ケアの基本はまず保湿から!

 

ただ、洗顔後のケアをきっちり行っているのに黒ずみなどが目立ってしまうという方は、それ以前のケアに問題があるのかもしれません。

 

 ⇒毛穴を綺麗にしたいならクレンジングの見直しも大事

 

メイク落としの段階で角栓などができやすくなるようなケアをしていては、その後にいくらしっかりとスキンケアをしても意味がありませんからね。

 

いずれにしても、基本的には乾燥やターンオーバーを遅らせる原因となるような洗いすぎや擦りすぎなどの間違ったケアを行わないように、日々のケアを見直してみることが大切です。

 

人によって原因は異なってきますので、どの段階のケアを変える必要があるのかしっかりと検討してみて下さい。